​​シティック・キャピタル・リアル・エステート・グループは、不動産合同運用ファンドへの投資、他の投資家との共同投資、不動産プロジェクトにおける独自の投資を通じて、世界の投資家に対して大中華圏における各種不動産の投資機会を提供します。

2005年の設立以来、グループは、4つの運用ファンドと、1つの共同投資プラットフォームを立ち上げました。

シティック・キャピタル・ロンドン不動産ファンド
シティック・キャピタル・ロンドン不動産ファンドは、主にロンドンのメイフェア地区でも最も名高い通りの1つであるカーゾン・ストリート60番に位置する高級住宅開発プロジェクトへの投資を行っています。 この開発プロジェクトは、主に南向きのプライベート・ガーデンの周りに建てられた2方位および3方位の32のアパートで構成されています。ジム、プール、スパ、地下駐車場および24時間コンシェルジュサービスといった専用サービスも含まれます。

​シティック・キャピタル中国商業施設向け不動産投資ファンド
シティック・キャピタル中国商業施設向け不動産投資ファンドは、優良リテール不動産への投資に特化したファンドです。このプロジェクトの大半は大きな経済成長が見込まれる中国の第一級および第二級の都市を中心とし、ショッピングモールや広大なライフスタイルセンターといった大型開発が一般的です。ターゲットとする顧客層は、新興中産階級です。 ​

シティック・キャピタル中国不動産投資ファンドIII
シティ​ック・キャピタル中国不動産投資ファンドIIIは、商業・住宅プロジェクトへの投資はもちろん、チャンスがあればIPO前段階の中国不動産会社にも投資しています。重点的に投資を行っているのは、珠江デルタ、長江デルタ、Pan Bohai 湾などの富裕な地域の第一級および第二級都市、その他成都、武漢、重慶などの大都市の開発プロジェクトです。完成済みまたはほぼ完成済みの不動産への投資も行っており、この分野では特に、資産価値が下落している不動産に価値を付加する投資機会を重視しています。さらに、IPOの可能性がある国内大手の不動産開発業者への株式投資機会も追求します。 

シティック・キャピタル・中国住宅プロパティ共同投資プラットフォーム
シ​ティック・キャピタル・中国住宅プロパティ共同投資プラットフォームは、中国の第二または第三ティアの都市における新たな住宅開発プロジェクトへの投資機会に焦点を当てています。これは元々、 世界有数のソブリン・ウェルス・ファンドのうちの1つに特化した共同投資プラットフォームでした 。ファンドの投資目的は、開発パートナーとの共同投資を通じた中期的な資本増加の達成です。 

シティック・キャピタル人民元建てマルチアセットクラス・ファンド―不動産投資
シティック・キャピタル・リアル・エステート・グループは、自身の不動産投資部分の20%において、シティック・キャピタル初の人民元建てマルチアセットクラス・ファンドの投資管理に関与しています。投資戦略には、オフィスの取得、安定的なキャッシュフロー・リターンをもつ住宅・商業施設用不動産、上場または非上場の大手不動産開発会社へのエクイティ投資が含まれます。​

シティック・キャピタル・ヴァンケ不動産開発ファンド
シ​ティック・キャピタル・ヴァンケ不動産開発ファンドは、中国の不動産市場で最も投資妙味のある領域の1つ、すなわち手頃な価格で大きな需要がある中所得者層向けの住宅を投資対象にしています。このファンドは、中国の大手不動産開発会社であるVanke Groupと投資プロジェクトの発掘、開発、管理において密接に協力しています。

シティック・キャピタル中国不動産ファンド
シティック・キャピタル中国不動産ファンド (リミテッド・パートナーシップ) は、2005年に投資募集を行い、優れたリターンを​あげて2007年に運用を終了しました。 このファンドの投資戦略は、スペシャル・シチュエーション的な投資機会を対象にしていました。不動産投資には高い柔軟性と高度な知識が必要ですが、シティック・キャピタルは独自の人脈を活用し、不動産投資案件を発掘し、投資運用をしています。